数日前に起こった事故。
多くの地元メディアも取り上げていました。
そして日本のメディアでも(下記)。

西オーストラリア州の男性(もともとアワビダイバー、55歳)がサメに襲われたと。
しかもこれ、彼にとってなんと2回目。
9年ほど前にもサメに襲われていた。

容態は安定しているようですが、そんな彼を野次馬的に見ると(失礼)、
はたしてラッキーだったのか(容態は安定)、不幸なのか(2度も襲われた)、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悲劇再び…豪州の男性がサメに襲われ大ケガ


 地元メディアなどによると、オーストラリア南西部・ケープアリッドの沖合で8日、アワビを捕るために潜っていた男性(55)がホオジロザメに襲われ、顔や肩など複数か所に大ケガをした。病院で手術を受け、容体は安定しているという。

 この男性は9年前にもサメに襲われ、大ケガをしていた。男性は当時、自身の事故について、「めったに起きることではない」と話していた。

(Nテレニュース24より)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお下記の写真は、地元News.comより借用しました。

この男性Greg Pickering 氏、アワビダイバーだけではなく、ゲームフィッシングも楽しんでいた(一点目)。また記録にもなっている、イエローテールチューナを採ったときの写真(2点目)。今回の事故(3、4点目)

shark1
shark2
shark3
shark4