このところ英語で、Prankと出てくると、どうしても、またあのラジオのDJの悪ふざけから始まった悲惨な事件の続報か、、、と思ってしまいます。
しかしこの記事は少々違い、、笑えました。


Sticky situation after post-it prank

事件が起こったのはシドニーの郊外「Normanhurst」での早朝(笑)

主役はこの彼、ネイサン・アトキンス( Nathan Atkins)21歳。

prank1


彼、実はガールフレンドの家にお泊まり。そしてそのまま翌朝会社に行くところだった。
そして彼女の家の前に留めてある車に向かったところ、、、、
自分の眼を疑ったと、
まだ寝ぼけているのかなあ、とも考えたそう。

そう、彼の車はこんな風になっていたのです.

prank2


なんと車一面に、ポストイットがべったり.その数なんと8000枚!

しかしここで疑問が?

彼が彼女のところに泊まっているのを知っているのは彼のお母さんぐらいなもの。
いったい誰がこんないたずらを?

近くのガキどもが遊び心でやったに違いないと思ったらしい。

しかし、そのあと、Facebookにこの写真(ビデオ)が載っていたのを発見してさらに仰天。

わかったのは彼の友人2人の仕業だったこと。
しかしどうして彼らが?
場所も知らないのに、、

どうもこの地域のことだけ知っていて、ここにきて彼の車を探しだして、いたずらをしたらしい。
(なんと夜中の2時頃見つけ、朝5時半に完成?したらしい)

どうもこの2人の友人は、試験も終わり、暇で、しかもアルバイトの仕事もない状況だったようで.
そんなことでこんないたずらを思いついたそう。

しかし暇ですねえ.

まあ、こんないたずらは、楽しいですが!!

皆さんも参考にしてください(???)


PS:これを全部はがすのに、25分かかったらしいです。


(Source: News.com)