ううんん、何とも言えないニュースが飛び込んできました。
あのウルルに、なんとゴルフ場を作る計画が、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Golf course proposed for Uluru

uluru


ウルルは、オーストラリアでもオペラハウス、グレートバリアーリーフと並び、代表的な観光地。
そんなウルルに隣接するのが、エアーズロックリゾート。観光客のための多くのホテル、レストランがある。
そしてここを管理、運営するのが Voyage。
今回の提案はここからなされた。

ウルルの現在、旅行者は多いが、とにかく滞在日数が短い(大半は1泊2日)。
確かに、一般的な旅行者は、ここにきても、ウルルとカタジュタを観れば充分。
それ以上はいてもやることがないということだ。
しかも最近また再燃しつつある、「ウルルへの登頂禁止か?」という論議.
遠くない将来、この可能性は強い。
そうなるとさらに観光客の足が遠のくかも。

そんな中で、少しでも滞在日数を伸ばしてもらいたいということで、この案が浮上。
しかも、これにより現地での特にアボリジニー(先住民)の雇用が増えるというメリットがある。
(今現在このリゾートでのアボリジニーの雇用は約170名。2018年までに350名までもっていきたいとのこと)

しかし、砂漠はもともと水不足。ここにゴルフ場を作るとなると、その環境への負荷も懸念される。


プロジェクト自体は、ウルルから10キロほど離れたところ。
約28ヘクタールに18ホールのゴルフ場を作る。
この建設総予算は$15−$20ミリオン(約15億円か?)。

なお、ここ自体は現地アボリジニーの聖地の外ということですが。

(Source:SMH)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的にはゴルフは大好きですが、ここウルルでゴルフというのがどうにも想像できません。
たとえすばらしいゴルフ場ができあっとしても、この暑さと、ハエ地獄(いつもではありませんが)を想像すると、どうなんだろう。

そして砂漠地域ではただでさえ貴重な水。
これをゴルフ場のメンテナンスのために、相当使わないといけない、、
そこまでして作る意味がどこまであるのか、、
かなり疑問ではあります。

まあ、できたらできたで大きな話題になることは間違いないでしょうが。