個人的なことで恐縮ですが、一昨日うちのかみさんが、「近くのOOマート(日系スーパー)に行ったら、サッカーの小野選手とか言う人がきていて、凄い人だかりだったよ、、」と。

調べてみたら、あの小野伸二選手、シドニーに来ていたのですね.
しかも、地元チームと契約して。
(もちろんサッカーファンならみんな知っていることでしょうが、、、)

古くは、カズ選手がシドニーにきていた時も、我ら日系人社会ではずいぶん盛り上がっていたし、ぜひぜひ小野選手にはがんばってもらい、我らも応援したいものです.

下記、ヤフーのニュース(東スポWEB)より。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小野伸二 豪州移籍の裏事情

 Jリーグ清水は1日、W杯に3度出場した元日本代表MF小野伸二(33)がウエスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)に移籍すると発表した。1997年から2001年までJリーグ広島でプレーしたシドニーのトニー・ポポビッチ監督(39)が小野のプレーを高く評価し、獲得に至った。

 一方で、シーズン途中での移籍にはこんな裏事情がある。小野は7月28日に0―3で敗れた横浜M戦の前半で途中交代すると、それ以降は出番がなくなっていった。

 小野の関係者は「実は伸二には当時、海外クラブからオファーがあった。年俸150万ドル(約1億2000万円)以上で条件も良かったのだが、それを断ったら、まったくチームで起用されなくなったようだ。出番がなくなったことで移籍するしかなくなった」と明かした。

 オファーは中東クラブからのものだったという。小野は独特の文化を持つ中東での生活を懸念し移籍を断ったが、時を同じくして清水で起用されなくなった。そこでオーストラリアからのオファーに飛び付いたというわけだ。

 さらにその際の事情について、日本サッカー協会の公認選手代理人はこう推測する。

「欧州ではクラブが勧める移籍話を断ると、見せしめとして選手が干されるのはよくあること。どんな条件だったのかは知らないけど、伸二が試合に出ていないのだから、クラブ間などで、移籍金などのトラブルがあったかもしれない」

 小野はクラブを通じ「チームを離れるのは非常に残念ですが、新しい環境でもう一度自分を見つめ直したいと思います」とコメント。早ければ6日のセントラルコースト戦でデビューする予定だが、新天地で輝きを取り戻せるか。