数字を見ると一目瞭然ですね。
しかし、下記5位までには入っていませんが、韓国の方も増えているし。
日本人はどうなんだろう、、
過去と比べると圧倒的に減っているような気もしますが、、、

下記、マミィさんのブログよりご紹介。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オーストラリアのアジア化進行中!


昨年2011年に行われたオーストラリアの国勢調査のよると、

オーストラリア全体の人口 2172万158人 
(前の2006年の調査時より8.3%増加)

男女比は、男性49%、女性51%

州別では、
1位 ニューサウスウェルズ州(シドニー) 695万8812人 (前年より5.66%増加)
2位 ビクトリア州(メルボルン) 535万1226人、(前年より8.87%増加)
3位 クイーンズランド州(ブリスベン) 445万7909人 (前年より10.16%増加)
4位 西オーストラリア州(パース) 227万8154人 (前年より14.7%増加)
*昨年の4位は、南オーストラリア州でしたが、今般の鉱業バブルにより、
  パースの人口が一気に増加しました。

国別出生地では
1位 オーストラリア 1501万7845人
2位 イギリス 101万82人
3位 ニュージーランド 48万3397人
4位 中国  31万8969人
5位 インド 29万5362人

となり、初めてイタリアやスペイン、アイルランドを抜いて
トップ14ヶ国中アジア諸国が6ヶ国を占めているようです


ユーロ圏の経済不安定もあり
アジアからの移民が増加し
オーストラリアのアジア化がより鮮明となっているようです

ozmap


[Posted by Japanese-in-Austrlia]

(マミィさんのブログから直接読む)