とあるNSW州の小さな街「Wee Waa 」人口わずか2000人。
もともとコットンの生産地として有名なところのようですが、
今年の初頭、そんな街を”洪水”が襲いました。

なにせ住民のほとんどの家業が「農家」の街、被害は甚大だったそう。

そんな中で、町の復興を願うべく、地元民でファンドレージングのアイデアをいろいろと考えた。
あまり普通の方法でも面白くない。

(注:オーストラリアではちょっとした機会に、住民が積極的に活動して寄付金を募る、ファンドレージングを行うことが多い。自分たちの手作りケーキを売ったり、チョコレートを売ったり、Lotto(宝くじ)を売ったりと。また子供たちも積極的に関わらせ、社会経験を積ませていくという意義もある)

そして今回のアイデアがこれ!

heliclotto


Hole in one: Country town hosts helicopter lotto

なんとその名も、HELICOPTER LOTTO。
まあ、直訳すると、「ヘリを使った宝くじ」とでも言いましょうか?

(こちらに動画がああります。日本からだと観られないかもしれませんが、、、)

ルールは簡単。
まずはたくさんのゴルフボールに番号を振る。
そしてこれを住民の皆様に買っていただく。

その後、これをヘリに積む、離陸。
目指すはゴルフ場グリーンの真上。

ここからパイロットがその腕前を使い、「上」から「ホールインワン」を目指す。
ホールインワンがでれば、そのボール(の所有者)が一等賞。
もしでない場合は、ニアピンのボール。

結局この日はホールインワンがでず、トップはニアピンで競われることに。

そして、、、
トップに輝いたのは、地元のお肉屋さん。
賞金は$1,000。

またこの日、1日を使って行われたファンドレージング、「ヘリコプター・ロット」の成果は?

なんと$10,000が集まったそうです。

それにしても、オーストラリアらしい(と言えるかな?)、なかなかのスケール感のあるイベントですね。まあ、それよりも何よりも、動画を観ていたら楽しそうでした。

(Source:News.com)

↓Wee Waa の場所はこんなところ。
29