オーストラリア政府観光局が新しいキャンペーン展開を発表した。
まさに次のターゲットは中国、潜在需要(旅行見込み客)1億人が対象だそうだ。

Tourism Australia targets 100 million Chinese travelers

TA china campaign


2020年には、1億人の中国人が世界に旅するそうだ。
そしてそのまさに巨大なマーケットを各国で奪い合うわけである。

今回発表したキャンペーンは、総額$250ミリオン(約200億円ぐらいかな)。
対象は18カ国。特に今回は中国を筆頭に、インド、インドネシアなどのアジア各国に力を入れている。また従来通り、アメリカ、イギリス、あるいはオーストラリア国内(インバウンド)などでもキャンペーンは展開されるという。

キャンペーンのキャッチコピーは、この数年続けているものをそのまま継承。

There's nothing like Australia

これを各国ごとに、各国語で展開していくそうだ。

また今回は従来のテレビコマーシャル、新聞、雑誌などに加え、ネットユーザーにも広く展開していきたいという。

しかし、最初に1億人と聞いて、何かの間違いかと思いましたが、まあ、単純計算15人か20人に一人が海外旅行をすれば中国ではこの数字になるのでしょうね。
と言うことはそんなに非現実的な数字でもないわけか、、、?




うん、しかしこのCMは、優等生的に”オーストラリアの良いとこどり”って気がしないでもないですが、なかなかさわやかでいいんじゃないでしょうか?
僕の好きなアウトバック(奥地)の風景もたっぷり入っているし、、
皆さん、いかがでしょう?

(Source: The age .com)