著名人ら、同性間結婚に「I Do」 

女性ファッション誌「マリー・クレール」が同性間結婚の合法化推進キャンペーンを展開している。キャンペーンにはスーパーモデルや俳優、アスリートなど各方面から著名人が参加している。

「アイドゥー」(I Do:http://ido.org.au/)と題されたこのキャンペーンは、マリー・クレールがセブン・ネットワークの番組「サンライズ」と「モーニングショー」の協力の下、展開している。先日、米国のオバマ大統領が同性間結婚を賛成すると発言したことが発端となった。ギラード連邦首相は、同性間結婚には反対の姿勢を明確にしている。

キャンペーンでは、マリー・クレール7月号の中で、セレブ獣医のクリス・ブラウンや歌手のブライアン・マックファーデン、飛び込み競技金メダリストのマシュー・ミッチャムなどが、同性間結婚が合法化されるよう訴えている。また、7日にはシドニーやメルボルンで署名運動が行われる。

キャンペーンに参加しているモデルのメーガン・ゲールは「オーストラリアのようにモダンな国で同性間結婚が合法化されていないことが信じられない」と述べ、元ミス・ユニバースのジェニファー・ホーキンズも「人を愛する方法は誰も同じ。同性愛者の友人はたくさんいるけど彼らに幸せになって欲しい」と話した。

          (以上、JAMS TV さんより引用させていただきました)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的にはなかなか面白い記事でした。
確かにこのような論議が活発にされるのも、オーストラリアらしい”多様性”を反映しているような気がします。

政治の世界でも、僕の記憶が定かであれば、ギラード首相は同性間結婚には反対しているようですが、結婚せずにパートナーと幸せに住んでいる。
トニーアボット野党党首も、本人は同性間結婚には反対だが、妹がゲイであることは認め、その生き方は尊重している。
またつい最近電撃的に引退した、元グリーン党党首、ボブ・ブラウン氏は、確か政治家としては初で堂々とゲイであることを公言し、今回の引退も、これからはパートナーとの時間をもっと大切にしたい、、と言うことが一番の理由だとおっしゃった。
多分一般世論は、この引退には非常に好意的だったと記憶していますが。

bobbrown:skynews
(Bob Brown 氏、引退時の写真。Sky News よりお借りしました)

いずれにしても、面白い傾向だと思います。
もっと多様化していい。
(こんなこと言ったら不謹慎???)