今やオージーもかなり味にうるさくなりました。
レストランもどんどん新しいところができるし、そのカテゴリーも多彩に。

そんななかこんな記事が、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Who ate all the (wagyu beef) pies? The humble meat pie goes gourmet

wagyu1


もともとミートパイは、オージーの大好物。
ある統計によると、その消費量たるや世界一で、年間2億7千万食だとか。
(すごく多いな、としか思えない数字ですが)

そしてそのオージーもどんどん舌が肥えているという。
例えば、マクドナルででも、通常のバーガーから、高級牛のアンガス牛を使ったアンガスバーガーなどが多少割高でも、売れ始めているとか。

そんなところに眼を付けたのが、シドニーにベースをおく、ミートパイ製造大手の”Sargents Pies”。
なんとNSW州のミートパイの半分以上のマーケットを握っているそうで。
こちらの代表、Fretwell氏によると、
「一般の人は現在のミートパイ以上の味のものを欲し始めている」
「実際に肉屋に行くと、通常の肉以外にも高級肉が売られている、その肉をミートパイで試してみたがっている」
「そんななか、最高級の和牛が非常に人気。確かにお値段は通常の肉の5割増だが、それでも間違いなく売れそうだ」

実はつい先日こちらで試食会をやったそうだ。
それによると、20人中19人が和牛パイが他のものと比べ断然おいしかったと。
これは95%の方たちが和牛パイの味を支持し始めているということ。

和牛パイをスーパーなどで販売する場合、2個入りで$5.10(1個$2.55)を考えているとか。ちなみに通常のパイが1個あたり、$1.75だとか。

これから10月くらいがミートパイ市場は売り上げも15%程度上がる時期だそうで、新商品の販売にも好時期だそうです(多分寒くなるからでしょう)。

さてこの和牛パイ、どうなるか?

まずは今月からスーパー最大手のウールワースにお目見えするそう。
そしてすぐ、コールズやIGAでも販売されるとか。

いまやWagyuという単語も完全に英語として認知されている。
さあ、和牛人気に拍車がかかるか、、、
見ものですね。

wagyu2


(Source: News.com.)