いまや”世界一の朝食”としてすっかり有名になったBILLS。
もともとシドニーに本店があり、日本進出にも非常に積極的。
そして日本でついに4店舗目が表参道にお目見え。

個人的には、あまり知らなかったのですが(というかそんなに興味がない、、)、昨年末サマーズさんたちがシドニーにいらっしゃった時に、「どうしてもBillsに行きたい」ということで、探してご一緒した次第。
その顛末の記事はこちらです

サマーズさんはすっかりご満足でしたが、しかしどうなんだろう?
皆さんのなかでの評価は?

僕の感じですと、ほとんど皆さん、ここの味には感心、満足されているようですが、なかには、朝食で$30?、、なんて声も時々聞こえてきます。これは日本より、シドニー在住の日本人からかな???

とにかく日本にもまた店舗が増えておめでたいことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“世界一の朝食”が都心に初出店、「bills」フラッグシップ店が表参道にオープン

“世界一の朝食”として国内外で高い人気を得ているレストラン「bills」は2012年4月18日、明治通り・神宮前交差点の「原宿 GAP」跡地に開業した大型商業施設『東急プラザ表参道原宿』の7階に、国内4店舗目・都心初出店となる「bills」表参道をオープンした。

bills1
4月18日にオープンした「bills」表参道の店内

「bills」は、1993年にオーストラリアシドニー郊外のダーリングハーストに1号店をオープン。オーストラリアのレストランター ビル・グレンジャー氏がプロデュースする同店の「オーガニックスクランブルエッグ」は、海外メディアで“世界一の卵料理”と評されたほどで、ハリウッドセレブに愛されているほか国内でも高い人気を得ている。

bills2
「bills」の人気メニュー「オーガニックスクランブルエッグ」

日本国内では、湘南に国内1号店となる「bills」 七里ヶ浜を2008年3月にオープン。以来、2010年3月にみなとみらいの「bills」 横浜赤レンガ倉庫、2011年7月に東京初進出店となる「bills」お台場をオープンし、いずれも行列が絶えない人気店となっている。今回都心初の店舗としてオープンした「bills」表参道は、日本国内における「bills」のフラッグシップ店として位置づけているという。

『東急プラザ表参道原宿』の最上階に位置する同店内は、6階部分の中庭が眺められるテラスや、落ち着いた雰囲気のブックルームなどを備え、都心にいることを忘れられるようなリラックスできる空間を演出。オープンに合わせて来日したビル・グレンジャー氏は、同店のコンセプトについて「にぎやかな街角にありながらも、日常のプレッシャーを忘れて元気になるオアシス的な存在」とコメントしている。

営業時間は朝8時30分から夜23時まで。座席数は122席。予約は夕方17時からのディナータイムのみ可能で、ウェブサイトまたは電話にて受け付けている。

( Source:Japan Internet com)