(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、ジェンタのウエブ版でご覧ください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VOL.25 あるアボリジニー女性との出会い!

ある撮影の仕事で、6月と7月、2回にわけてダーウィン、カカドウーに行ってきました。熱帯雨林に囲まれた世界遺産であるすばらしいところ。そしてまた野鳥の宝庫としても有名。
しかし今回の仕事、僕の気持ちは別な方にも少し気をとられていた、、、
1ヶ月ほど前、とあるテレビ番組で、オーストラリアからざっとこんなレポートをしました。
「カカドウーは世界的にも有名な観光地ですが、ここに別な意味で有名になってしまった“レンジャー鉱山”があります。実はここウラン鉱山。オーストラリアは世界イチの埋蔵量を誇り、ここはその象徴的なところ」
「日本の東京電力も絡んでおり、ここで採れるウランが一部日本にも送られています。そしてつい最近、ここの鉱山の所有者でもある、地元のアボリジニーの長老の女性から国連宛に手紙が届き、『自分たちのところからとれたウランが間接的とはいえ、今回の福島の災害につながったことをとても悲しく思う。そして自分たちは今後この周辺でのこれ以上の鉱山開発をしないよう、できるだけ周辺に呼びかけていく。』とコメント」
「実際に周辺のアボリジニー仲間でも、鉱山開発の権利だけ売れば一夜にしてオーストラリアでも指折りの億万長者になるのは目に見えているのですが、彼女たちは今後そういう方向には決して行かない、と強調していました」
こんなレポートをしたあと、ここカカドウーにきたのですが、たまたまヘリで空撮の機会があり。空港のすぐ隣がこの鉱山。車で走っている分には看板があるだけで立ち入り禁止だし、全くわからなかったのですが、「空」から見たらなんとそのあまりの巨大さに絶句。こんなところに日本との接点があるのだと。
さて、そして今回のロケでのもう一つの出来事。
実はアボリジニーの方々の撮影の機会があったのですが(まあ、いつものように段取りは大変でしたが.汗)その中に、バッグやバスケットなどを、伝統的な手織りで作る女性がいました。名前はタニヤさん、45歳。とてもすてきな笑顔でこちらにどんどんと話しかけてくる。「日本の震災は今どうなの?」「日本のどこからきたの?」などなど。

RIMG0053


聞いてみると実は彼女のおじいちゃんが日本人だとのこと!おじいちゃんの名前は「ナオキ」そしてお父ちゃんの名前は「シンゴ」と言っていた。どうもおじいちゃんは戦争で日本から来て(オーストラリアから見たら、唯一侵略をうけた国がわが日本だったのです!)捕まり刑務所に入っていたそうです。そしてその後、彼女のおばあちゃんと結婚することになったとか。
そんなことを話す彼女に屈折のようなものはなかった。でも、やはり自分のルーツを知りたさそうで、いずれ一度日本に行くのが夢だとか。そして今回の日本の震災は本当に残念だと。
この日ばかりは僕も撮影の仕事を終えて、しばし話し込んでしまいました。

日本がこんな状況になってしまった今、先住民アボリジニーの生き方に何かしら学ぶべきものがたくさんあるような気がしてなりません。そういえばこのアボリジニーの人たちを紹介してくれたダーウィン在住の白人、コリンさんはこんなことを言っていたなあ。

「They are the richest people without money」

RIMG0043
RIMG0064
RIMG0067