昨日の地元モーニングショーのツイッターに、
「オーストラリアの顔とも言うべき人口構成に大きな変化が!今までずっと一番だった移民トップのイギリスがついに中国に抜かれる、、、」
とありました。
どんな風になっているんだろうと思っていたら、さすがマミーさん、情報が早い。
下記彼女のブログから

この記事を読んで納得。
しかし、韓国が9位とがんばっているのと、ちょっとそれた話題ですが、カンタスの直行便がなくなるかも、、という記事、もしそうなってしまったら、あまりにも寂しい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

移民国オーストラリアとカンタスの公算

先日、オーストラリアの移民省が発表した
2010年度の国別移民者数によると
移民総数は約16万9000人で
前の年と同等でしたが、
ひとつ、大きく変わったことがありました

それは、オーストラリアへ移民する国籍1位は、今までずっとイギリスでしたが
今回、中国からの移民(2万9600人)がそれを上回り
史上初めて1位に躍り出たようです

順番を見てみると

1位 中国
2位 イギリス
3位 インド
4位 フィリピン
5位 南アフリカ
6位 マレーシア
7位 ベトナム
8位 スリランカ
9位 韓国
10位 アイルランド

昔、よく聞いた白豪主義なんてどこ行っちゃったんでしょうね~

一方、話を変えて、、、
カンタスのシドニー~東京ライン(QF21便)が近い将来なくなる。。。。
といううわさもあります
(今月24日にカンタス上層部が、その最終決定をおこなうとか。。。)

カンタスは、先日、
香港にLCC(ローコストキャリア)の設立を計画していると報じられたばかり

震災以降、乗客が減少した日本路線をスパツと切って
将来性のある中国、アジアへの投資を積極的に行う公算なのでしょうか

往来が激しくなると、
益々増えると予想される中国からの移民数もですが、
カンタスの公算からも目が離せませんね。。。

QF便

(グーグルより借用)