ケアンズはあの、グレートバリアリーフへの玄関口。
毎日多くの観光クルーズが日帰りでツアーをだしている。
そんな中、リーフに取り残されてしまった方がでたようで。

実は僕のお客さんも昔これに近いことになりそうで焦ったことがあります。
基本取り残されたら翌日のクルーズがくるまで待たなくては行けない。
もちろんそんなことは滅多にないのですが、、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ブリスベン29日AAP】   25日、QLD州グレート・バリア・リーフで、スノーケリング・ツアーに参加した米国人男性がツアー主催者のミスで海に取り残されるという出来事があった。男性は、同じツアー会社のボートまで泳いでたどり着き難を逃れた。

イアン・コールさんは、ツアー会社「パッションズ・オブ・パラダイス」が主催するスノーケリング・ツアーに参加。ミコマスケイでスノーケリングを楽しんでいたが、海から顔を出したところ、乗ってきたツアー会社のボートが見あたらないことに気がついた。うろたえたコールさんだが、近くにいた同じ会社のボートに泳いでたどり着いた。同社は、コールさんを積み残したスタッフを解雇処分とし、コールさんにはツアー代金の返金と200ドルのレストラン・バウチャーを渡したという。また同時に、QLD州海上保安局と職場保健安全局に報告した。

類似の出来事として、1998年1月、ポート・ダグラスでダイビングをしていた米国人トム・ロナーガンさんと妻のアイリーンさんは、やはりツアー会社のミスで海に取り残された。2人の捜索願が出されたのは2日後。遺体は発見されなかった。溺死したかサメの襲撃に遭ったとみられている。同夫妻の話は「オープン・ウォーター」という映画の元になった。

(ソース:JAMSニュースより)

自然遺産04 060


自然遺産04 054


( 注:写真は今回の事件の場所とは別な所です。でも普通はこんな所で気持ちよく1日を過ごすわけです)