シドニーの観光名所の一つ、GAP。

シドニー湾から外洋に続く所で、断崖絶壁はなかなかの見物。
シドニーで最もポピュラーなボンダイビーチの帰りに立ち寄る観光客も多い.

しかしこのGAP、実は「自殺の名所」としても名高いようで。
こんな見出しの記事が、、、


New fence at The Gap 'just not high enough'

gapfence


この場所で不幸にも自殺をされた娘さんの母親が、「もっと高いフェンスがあれば娘は自殺しなかったかもしれない」と訴えた.
そういった意見も多いため、管轄の市役所も動き、トータルで$2.2ミリオン(約2億円)で、写真のようなフェンスを作り、同時に緊急電話、看板、カメラなども設置した.
しかしこのフェンス、1.3メートルでまだまだ十分な高さではないのでは、、と言った不満の声も上がっているとか.

しかし、こういったフェンスが本当に自殺衝動を抑えることになるのだろうか?


実は僕の家(シドニー)の目の前に、ヨーロッパ風のすてきな橋がある.
よく車のコマーシャルでも使われているところだ.

suspension1


suspension2


suspension3


しかしここも実は飛び込みの自殺がとても多く、住民の中でもケンケンガクガクの論議があった。
結局最後は市の判断で、フェンスをすることになったが、これが不評.
個人的にもとても醜いと思います。
(しかしフェンスができるまで約半年、24時間態勢で、セキュリティーが見回りをしていました、これもすごい!)

専門的なことはわかりませんが、どうもねえ〜〜
もっと根本的な解決の方法はないものか?

(ソース:SMH)