かのジェットスター。最近は梅雨時に随分格安のチケットがでたりと話題ですが、その裏にはいろいろな事情があるようで。
下記、マミィさんのブログからペーストさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

All day, every day, low wages ???

世界的総合人材サービス会社『ランスタッド』が
数千人の求職者に、
仕事と生活のバランス、雇用の安定性、人種、賃金など
約20項目に渡った質問を行い

その結果をもとに、
“オーストラリアで最も魅力的な雇用主”として
トップ5内にランキングされたジェットスター航空

先日も
ジェットスター航空機内のサービスレベル について
ちょっと書いたけど

果たして、乗客への諸サービスをお仕事とされる
キャビンクルーの方々のお手当は、どのくらいなんでしょう

【The Sunday Telegraph紙より】
1.タイベースクルーAU$437/月、AU$5,220/年+諸手当
  (残業代や諸手当を含め、最高AU$30,000までになることもある)
2.シンガポールベースクルーAU$20,000/年+諸手当
3.オーストラリア人クルー・AU$43,000~AU$50,000+諸手当

3番が妙に突出してますね


先日もオーストラリア国内出張で利用したジェットスターに
タイ人のキャビンクルーが数人いたけど
エアーチケット格安の影には
おそらく、この人件費の調整があったんですね

まあどこかを削らなければ、あの低価格にはできないでしょうけど。。。

掲載紙によると、クルー達からは
ハードワークの連続で、目をずっと開けてることも出来ず、
乗客の安全管理なんて無理
とコンプレインが出ているようです

まあーマスコミの言うことなので
過剰表現かもしれませんが、、、
自分の安全は自分で守れッと言うことですね

日本国内便でもアジア系のクルーを見かけますが
これから燃料代などの必要経費が上がっていくと
どこでもまず影響するのは
人件費なのかもね
コワイ話です。。。

jetstar


(以上引用終わり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、この構造、批判ばかりしていられませんね。
いまや経済も空洞化してしまった日本。
まさにこういう構造になりつつある。

月並みですが、みんな自己防衛していくしかないか、、、