僕も嫌いなほうではないのですが、多くの皆さんもこのたぐいの話は好きですよね。
ついに明日(5月21日)がJUDGEMENT DAYになるようです?!

judgementyhumb_16x9-408x264


コトの発端はキリスト系のかると集団の教祖である、Harold Camping氏(アメリカ在住、89歳)が、自分たちのFMkラジオ局を通じて世に送り出したメッセージ。

5月21日はなんとあのノアの箱舟の大洪水から7000年が経過。

今年すでに起こっているような地震や天災が世界中で起こり、5月21日から5ヶ月間人類が苦しむ。
そして5ヵ月後の10月21についに地球が滅びる。

・・・・・

まあ、ノストラダムスではないのですが、こういった話(世紀末もの??)はいつもあるもの。

今朝こちらのテレビで観ていたら、なにやら信者さんがインタビューに答えていて、
「日曜(明後日)朝になっても何も起こらなかったらどうなるの?」
の質問に、、
「こういった啓蒙活動で、人類がみんな目を覚ましてくたら、回避することができるかもしれない」
なんて言ってました。

まあ、MCさんは明らかに呆れてましたが(笑)


さて、明日は、皆さんどうします??

僕は街中にロケに行きます。
オーストラリアでも何か起こるのでしょうか?

何も起きなかったときの当事者のコメントが今から待ち遠しい、、、

(ソース:SMH)