(これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

これは番外編のようなものですが、そしてシドニーを第2にの故郷とするものとして、完全に単なる「お国自慢」なのですが、・・・やはりどうしても紹介したいのでついつい。
皆さんも、ほとんど知ってる街、シドニー。
でも、この街いちおう、人口400万人のそれなりの大都会なのですが、単なる都会ではありません(笑)

syd1

syd2


僕の友人がうまいことを言ってました。
シドニーは「リゾートシティー」だって。
街中は世界中どこにでもあるような、いわゆる高層ビル群。ただこのすぐ前が雄大なるシドニー湾。
その友人も毎日優雅にフェリーで通勤しています(もっとも、フェリー通勤はここでは非常にポピュラー)
彼に言わせると、こんな400万の大都会なのに、30分程度行ったところにきれいなビーチが何十箇所もある。そしてこういったビーチ周辺に住んでも完全に通勤圏。
ビーチで泳ぐもよし、サーフィンをするもよし。
週末はヨットでシドニー湾は一杯になる。
釣りも盛ん、その友人も毎週でかける完全な「釣りバカ」。

僕の好きなゴルフも盛ん。街から1時間以内ぐらいにほぼ100箇所のゴルフ場がある。
夏は夏時間が採用され、夜8時ごろまで明るい。
したがって、仕事帰りにハーフぐらい楽しむのも充分可能。
あるいは、出勤前、朝6時ごろからハーフほど練習している「ゴルフバカ」もたくさん。僕の周りの日本人のなかにも、ちらほら。

こんなふうに都会ではあっても、すぐ近くに海と自然が一杯。
この環境のおかげで、少々仕事が忙しくても、かなり「癒されます」!

そして、シドニーのアイコンはなんと言ってもオペラハウスとハーバーブリッジ(オペラハウスは最近世界遺産になりました)。

僕も時々、ハーバーブリッジを渡り、街に出かけるのですが、そのたびにオペラハウスとシドニー湾が一望できる。いつもいつも、「ここに住んでいて幸せ」と実感する一瞬。いたって単純ですが・・・・。

しかし、ここシドニーもここのところ超バブル。
不動産を中心として、諸物価がうなぎのぼり。
この点だけはいただけません。

日本のバブルの頃、司馬遼太郎さんも言っていました。
「土地は国民の共有財産。これを投機の対象にしたり、異常な値段に高騰させたり、そんな国はろくなもんじゃない!」
シドニーも早くなんとか、「正常」に戻ってほしいものです。

でもでも、
I LOVE SYDNEY!!!

(今回は完全なお国自慢になってしまい、、、失礼しました)


↓ヨットハーバー
syd3


↓街からわずか20分。ボンダイビーチ
syd4


↓シドニー湾から高層ビル群
syd5