(これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)


オーストラリアの動物は非常に独特で、コアラ、カンガルーなどはご存知の通り。
ほとんどが有袋類で、しかも夜行性。
マスコミで色々と紹介されていることもあり、皆さんオーストラリアにいらっしゃると、「野生のカンガルーやコアラを是非見てみたい」とおっしゃる方が多い。いや、一般の方のみならずマスコミの方にもかなり多い。
でも、実は「夜行性」ということもあり、コアラやカンガルーなどはほとんど野生では見れないのです。
もちろん動物園に行けば別ですが。
で、コンパクトにその野生の動物たちを近くで見られる一番お勧めのスポットがここカンガルー島です。

足跡06 004

(愛くるしいアザラシたち、一日中寝転んでいる?)

ずいぶんむかしの話で恐縮ですが、まだ私が日本にいるとき(20年以上前)、映画監督の羽仁進さんが、テレビの特番でオーストラリアの動物ドキュメンタリーを撮られるとのこと。それで、1ヶ月ほどロケにいらっしゃいました。そのあとお会いして、「どこがよかったですか?」とお聞きしたところ、「カンガルー島が文句なしに一番面白かった」と言ってました。
大変前の話ですが、個人的にとても印象に残っています。

それ以来カンガルー島は個人的にはずいぶんマークしています・・・(笑)。
場所は、南オーストラリア州の州都アデレードから飛行機(約1時間)か、陸路+フェリー(移動約半日)で。島自体は非常に大きく、オーストラリア本土を除いたらタスマニアに次ぐ2番目の大きさ。確か東京都の何倍もあったように記憶しています。

まあ、大きさはどうでもいいのですが、ここで見れるものを簡単に挙げてみても・・・・

・アシカ、アザラシたちがビーチで寝そべっている。そしてそれを、間近で見ることができる。その数も多く、表情がなんとも愛くるしい。

・コアラが多い。オーストラリア全体では、現在コアラ自体は絶滅までいかないがその数がずいぶん減っている。ただこの島では逆にコアラにとっての天敵がいないため、異常繁殖してしまい、一時は射殺するべきだと話題にもなった。今のところあまり有効な手だてがなく、メスコアラに避妊手術を施し一時的に凌いでいる状態。

・カンガルーはその島の冠の通り、まず間違いなくたくさんいます。しかし、なかなか見つからない(笑)。やはり、夜行性なので、日中は早朝か、夕方涼しくなる時間帯が狙い目。しかも野生のカンガルーは、とても臆病でシャイなため、我々を発見したとたん、すぐ逃げ去っていくのです、まあ、ちょっとなめられているかんじもしますが。

・カモノハシ。この不思議な動物は実はオーストラリアでは、コアラ以上にユニークで人気。オージーでも野生のカモノハシを見た人はほとんどいない。そんなカモノハシがここのクリーク(小川)に住んでいます。ただし、残念ながらほとんどチャンスは無し、よっぽど気合と忍耐をもってして探すか、あるいは、ラッキーな場合だけ。

・ペンギン。夜になると、海で餌をとって来たペンギンたち(ここのペンギンはフェアリーペンギンといわれる小さな種)が海岸にある、自分たちの巣に戻ってくる。これまたその姿がなんとも愛くるしい。

・・・とまあ、数えたらきりがないほど、楽しい動物たちに会えるチャンスがあります。
そのうえ、けっこうでっかい砂丘、その名もリトルサハラ、とか、リマーカブルロックスと言った奇岩群も、面白いですね。

4WDの腕前があれば、現地でレンタカーを借りて楽しむ手もある。

いかがでしょう?
次のホリデーにでも考えてみたら・・・。

足跡06 005

足跡06 019

足跡06 030