中村征夫さん、そう、水中カメラマンの草分け、というか大御所のような方です。
もう2年ほど前になりますが、ご縁がありテレビの取材で、レディエリオット島に同行させていただきました。

で、征夫さん(こんな言い方をしては失礼かもしれませんが)たいそうこの島を気に入られ、その後も、2-3回訪れていらっしゃるよう。
そんな事がブログに書かれていたので、ちょっとうれしくなりここで紹介させていただきました。

とにかく我々の世代は、中村征夫さんと椎名誠さんのコンビでのグレートバリアリーフ紹介(1980年代!)、これが今でも鮮烈に記憶に残っているのです。

(↓2年前のスナップショット]

LD1

LD2



さてグレートバリアーリーフには多くのリゾート島がありますが、そしてどこがいいかというのは、各々の好みもあるので一概には言えないのでしょうが、まあ、水中に関しては第一人者の征夫さんが、べた褒めしているぐらいですから、まず間違いなくかなりいいところでしょう!
(なぜ一緒にいたのに、客観的なことしかいえないのかって?そうなんです、僕は残念ながら潜れない、征夫さんと一緒に船には乗ったのですが、ドボーンもできず、ただただ船上から指をくわえて待っていました・・涙)
征夫さんいわく、とにかくサンゴや魚の種類が多い、日本で見られないような貴重な種も多い。そしてとにかく近い、島から船でほんの5分ー10分もいけば、ダイバーにとっては天国のような水中の世界が開けているそうです。
そう、それから年末年始の数ヶ月はあの有名なでっかい「海がめの産卵」も見られます。
イヤア、すばらしいところでした。

もう一ついい点。
人気スポットゴールドコーストからセスナで日帰りで行くこともできるのでけっこう便利。


それにしても、征夫さんもお元気そうで、そして相変わらずのご活躍で何よりでした!
(短い期間でしたが、征夫さんの温かいお人柄に僕も感激でした)


ここのところ、サイクロンで大変だったQLD州ですが、ホントいいところはたくさんありますよ。
特にダイビング好きには、是非訪れてほしいところです。

LE3

LE4