(これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

いきなり、ちょっと変わったところからご紹介していきます。
まずは「クリスマス島」。

おしゃれな名前ですね。「そこどこ?」って感じでしょうが、いちおう、オーストラリア(厳密に言うと、西オーストラリア州管轄)の島です。オーストラリアの地図で探しても見つかりません。その枠をはるかに超え、一番西のパースからさえ、もっともーっと、北西のほうです。
ここに行くには、パースから飛行機を乗りつないでいく方法もありますが、むしろ日本からだとインドネシア経由のほうが早いはず。

さて、この島何が有名だと思います?

近年は、オーストラリアへの難民(ボートピープル)の仮収容所として有名になっていますが、
実は一年のある季節(雨季の初め、通常11月ごろ)になると、カニ(アカガニと呼ばれる)が、島の山や森から海に大移動。そして、海岸周辺で交尾、産卵をするのです、その数実に一億匹以上!!
日本からも、「世界びっくり・・・」、とか「仰天・・・」とかいった類の番組で、よくリサーチを頼まれます。
とにもかくにも、一目でわかるインパクトの高い一大イベントなのです。

christmas is 2


そして僕も某番組で行ってきました、その「カニの大群を」を撮りに!

とにかく、とてつもなく不便なところ。日本からのスタッフはわずか2名のみ。時間的経済的に考えて、日本側スタッフはインドネシア経由で来ることに。私はパース経由で、そして現地集合という段取り。
ただ、飛行機が確か1週間に1本か2本しかない。そのため日本側のスタッフに合わせたら、撮影はわずか3日で充分なところ、私だけ1週間も滞在するはめに。

またこの現象は、世界でもまれ。大雑把に雨季の初めといっても、実際にはいったいいつになるのか、かなり予想が難しい。たしか、ある程度の雨が降って、そのあとの満月の後の何日か後・・・云々とか。
さんごの産卵などと同様、やはり自然のもの。時期を当てるのはかなりのギャンブル。そのため、事前の段取りも難しい。
ただこのときは、スタッフのおこないがよかったのか、予想通りでドンピシャ、ビンゴ(笑)、撮影もうまく行きました。

地元では、ずうっとこの研究をされているレンジャーの方に同行してもらいましたが、とにかくそのカニの数や凄まじいの一言。町周辺が「カニに覆われている」といっても大げさではないほど。

道路は、車が轢いてしまったカニの屍骸だらけ、悲惨な状態・・・それもかなり臭う!!いやはやなんとも。
ドライバーも注意はしているのですが、とにかく轢かないと前に進めない。むしろタイアのパンクのほうも心配。
一般の家にもどんどん侵入してくる。もうみんな、毎年恒例のせいか、半ばあきらめ顔。

ゴルフ場に行ってみると、ここも一面、カニ、カニ、カニ。
もともとゴルフは嫌いではないほう、撮影が早く終わり暇つぶしにやってみましたが、ホールの穴にもカニさんが・・・。
ちょっと、ヒッチコックサスペンス映画の鳥が、カニに変わったよう!

それはそれは、大変なインパクトでした。

それと、もうひとつ面白いというか、思い出話が・・・これもかなりインパクトありです。

名前は忘れてしまいましたが、島で一番いいホテルに泊まることに。といってもほとんどチョイスはありませんでしたが(苦笑)。ただ、ここには「カジノ」が併設されていたのです。

もともとカジノは嫌いではないほう・・、ちょっとだけ時間つぶしにやってみることに。まずはブラックジャックが好きなので、、そちらのテーブルに・・・。でも、テーブル数も4つぐらいしかない、まあ小さなところだからしょうがないか。いつものように$5とか$10チップに変えて、いざチャレンジ。

うぅん?、ところがどうも全体の雰囲気がおかしい。
何か、妙に落ち着いているというか・・・・?
よーく見ると、周りのお客さんの掛け金というか、チップが$100とか、そんな数字なのです。
チップ1枚が1万円?、しかもそれを何十枚も一度で賭けている。

しばらくやっているうちに、あまりにも自分がみっともない、というか惨めったらしくなり、すごすごと部屋に戻り寝てしまいました。
あとで聞いてよーくわかりましたが、近くのインドネシアとかマレーシアとか(詳しくは忘れました)、そちらの国では合法的なギャンブルがあまりなく、お金持ちが週末とかに、ただカジノを楽しむためにやってくるそうです。しかも、なかには、チャーター便でくるような客層も。
(今ではどうなのか知りません・・・)

そんなところに1週間滞在してしまった。
そしてその後の僕・・・

甲殻類は比較的好きな方ですが、シドニーに戻ってからしばらくは、カニを見るとあのなんともいえない臭いを思い出して吐きそうに・・・(これホントの話です、証人が何人もいます)。それと、後遺症で、カジノもしばらくはいけませんでした、まあ、こちらはむしろ、逆にいいことですけど。

christmas island 1





「自然の神秘」、大変な島です、島のホームページ もあります(英文)
参考にどうぞ!(写真も同ホームページよりお借りしました)