オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

「本日も撮影日和」Vol.58 最近の「日本はスゴい」っていう過剰な風潮はどうなのよ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Vol.58 最近の「日本はスゴい」っていう過剰な風潮はどうなのよ?

 先月のこと。日本への一時帰国直前、ちょっと前に一緒に仕事をした某番組のディレクターから電話あり。あいさつもそこそこにいきなり、「ところで近藤さん、◯◯島に住んでいる日本人の◯◯さんって知ってます?」と。◯◯島は、オーストラリアの最北端(と言ってもいいと思う)にある小さな島。ほとんど誰も知らないところだ。ただ僕は10年以上前にたまたまあるロケで◯◯さんにはお会いしたことがあった。

 何の番組かは、すぐにピンときた。今流行(?)の「海外のこんな辺ぴなところでも、我ら日本人が頑張って生きている」といった、熱い日系人を紹介する情報番組だ。

 個人的にはこの番組、けっこう好き。本当にえっ、と驚くようなところに我ら同胞が、それはそれはいろんな経緯があって逞しく暮らしている姿を見ると思わず画面に向かって「すげえ!」と叫んでしまう。そしてあんまり好きな言葉じゃないが「感動」もする。(結局、僕のスケジュールが合わずこのロケには立ち会えなかった)。

 まあ、そんな電話があり、しかし僕はと言うと予定通り日本へ行くことに。今回は息子と一緒の3週間の滞在。そこでまたいろいろと日本の番組を堪能していたわけですが(まあ、正確には暇つぶし)。しかしどうなんだろう、最近のテレビの傾向は。妙に「日本食が海外でこんなに評判」「日本に来ている外国人が日本のサービスや食を堪能、絶賛」「海外で逞しく頑張っている日本人がいっぱい」と、これでもかと日本(人)大絶賛番組の嵐。

 確かに海外(シドニー)に住んでいると、最近の日本(人)のスゴさは実感として分かる。今更言うに及ばず、日本の食やサービスは本当にすばらしいし、外国人が絶賛するのも分かる。そしてやはり一日本人としては、この傾向はそれなりに嬉しい。でもねえ。しかし、しかしですよ・・・。もともと日本のメディアはちょっと前まで、必要以上に、自分たちの国や文化をけなしたり批判したりしていたはず(今ももちろん続いていますが)。それがここにきて(この2年ぐらいか)急にあちこちで「日本人バンザーイ」と言われてもねえ。なにか安倍政権ができて、メディアに裏でこういった番組を作るようにプレッシャーでも与えているんじゃないのかと、勘ぐりたくもなる。

 もちろん日本人がやたら卑屈になるような報道もいやですが、逆にこんなふうに、日本人がやたら世界から尊敬されているよといった報道も、何やらすごく違和感があるのです。
 僕だけかもしれないけど、なぜこんな感情になるんだろう。そんな折、友人と一杯飲む機会があり、この話題で盛り上がり、何となく自分なりにこの「むずがゆさ」みたいなものの原因が分かったような気がします。

 1つは、日本の諸々のサービス、技術は確かにすごいが、日本人はその報酬が追いついていない。正反対の我がオーストラリア(サービス、技術は「あれ?」でも、人件費は高い「労働者天国」)と比べると分かりやすい。穿(うが)った見方をすると、日本人の多くが、「お国にだまされている」ような構図にみえる。日本人が頑張って世界的に評価されても、国民がその対価を得ていないのではないでしょうか。
 もうひとつ。やっぱり日本は伝統的に、すべてが一過性なブームで終わることが多い。今はこれが一時的なブームとも言える。悪くはないブームだが、相変らずみんなそっちの方向にいってしまうのはいかがなものか(国民というより、それをあおるマスコミがメインでしょうが)。過去の戦争でも福島の原発でも、こういった傾向があだになったような気がしますけど。考え過ぎか。

 さて最後に明るいトピックス。シドニーのCBD(中心)に新しい巨大なモニュメント(高さ50メートル以上)ができるそう(予定は2017年頃)。名付けて「雲のアーチ」。しかもこのデザインは日本人の石上純也氏。現シドニー市長は、オペラハウスと並ぶシドニーのアイコンになるよう期待していると。またすごい日本人が絶賛される時がきそうですね。頑張れニッポン!うん?

↓下記、雲のアーチのイメージ映像。いい感じです。


世界一でかい、そして最高齢のウオンバットが大人気に!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オーストラリアで人気の動物はカンガルー、コアラだけじゃない。
ウオンバットもその一つ。
独特の愛嬌があり、コアラ以上に好きな人も少なくない。
(実は僕もその一人、、)

まずはとにかくこの写真をご覧ください。

wombat1



いかがですか?
この子、名前はパトリック、体重38キロ
そしてつい数日前に、29歳になったというのだ。
この年齢、そしてこの体重、どうも世界一のようです。

パトリック君、もともと親が交通事故でなくなり、孤児になり人に育てられた。
現在は、ビクトリア州の Ballarat Wildlife Parkにいるんだとか。

ちょっと前までは、入り口で、一般の入場者にあいさつをするような形で愛嬌を振りまいていた人気者だったようですが、現在では一線をしりぞき?(歳のせいか?)、悠々自適のリタイアー生活だとか、、。

実はこのパトリック君、今年の誕生日に、たまたまTourism Australia(オーストラリア政府観光局)がそのFacebookでお祝いしたところ、あっという間に大人気に。↓

wombat2


何と24時間以内に258,000の「いいね」マークを獲得。
そして、次々に反響。30,000のシェアーと8000のコメントが!!!

何ともスゴいですね。

しかし、個人的な疑問。
ウオンバットの平均寿命はどのくらいなんでしょうかね?
コアラは、確か野生が10歳ぐらい、動物園で育てられたコアラは15歳ぐらいと聞いたことがあります(はっきりはしませんが)
何れにしても29歳というのはスゴいんでしょうね!
パトリック君万歳。



(情報源: News.comより)



菅元首相、豪州のウラン鉱山を視察

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今、また管元総理が、こちらのウラン鉱山を訪れたとのニュース。
確かに日本の震災の直後、福島原発にも豪州からのウランが使われているということで、間接的にご迷惑をかけたと、地元ウラン鉱山の所有者のアボリジニー(先住民)長老の女性が日本にメッセージを伝え、当時これが話題になりました。

しかし今またなぜ、管元総理がここを訪れたんでしょうね?
個人的には、その意味、意義がよくわかりません・・・。

以下、TBSのニュースからの紹介です。




菅元首相、豪州のウラン鉱山を視察

 脱原発を訴える菅直人元総理が23日、オーストラリア北部のウラン鉱山の周りを環境保護団体などの招きで訪れ、鉱山周辺に住む先住民アボリジニの代表らと面会しました。

 ユネスコの世界遺産「カカドゥ国立公園」に囲まれた場所にある露天掘りのレンジャー鉱山。周辺の環境破壊も指摘されているこのオーストラリア最大級ウラン鉱山を、菅元総理は上空から視察しました。

これに先立ち、菅氏は、ウラン鉱山からの汚染水が居住地域に流れ込むことを懸念している鉱山周辺に住む先住民アボリジニの代表と面会しました。先住民の代表は「自分たちの土地から採掘されたウランが福島原発で使われていたことがわかり、大変心配している」と菅氏に伝えました。

 「原発にしても、あるいは他の核にしても、持続可能という考え方とは非常に矛盾するものだと、改めて先住民の皆さんと話をしてみて、あるいは話をビデオで見て、強く感じました」(菅直人元総理大臣)

 菅氏はこの後、首都キャンベラを含むオーストラリア各都市を訪問し、脱原発を訴える集会などで講演を行う予定です。(24日07:19)

豪州でも日本酒が大人気の兆し!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
アメリカ、ヨーロッパに続き、ここ豪州でも日本酒が非常に人気になりつつあるようです。
個人的にも、最近レストランに行っても、置いている日本酒の種類がとても多くなっているのを実感。
また、日系レストランのみならず、地元の非常にトレンディー(死語?)な、レストランも大人気のようです。(例えば、このレポートにでてくるようなTOKOといったレストラン)

TBSシドニー通信員、飯島氏のレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
豪で高まる日本酒人気、輸出額 5年で2倍超に




 世界的な日本食人気を背景に去年、日本酒の輸出額が過去最高になりました。そしていま、アメリカなどに代わる成長市場として最も注目されているのがオーストラリアです。

 メルボルンで開かれた秋田県の日本酒PRイベント。会場には予定を大幅に上回る120人が集まり、秋田名産の純米吟醸酒などが振る舞われました。

 世界的な日本食ブームが追い風となり、去年、日本酒の輸出額は初めて100億円を突破。アメリカや香港、韓国などにはまだ及ばないものの、オーストラリアへの輸出額はここ5年で2.2倍に急増しているのです。

 こちらはシドニー市内でいま話題のレストランバー。連日お客さんでいっぱいです。その人気の秘密は、何と日本酒が40種類以上も楽しめること。

 「訪れる常連客の50%が日本酒を飲んでいきますよ」(日本食レストランバー「TOKO」 ポール・バートウィスルさん)

 「こちらはシドニー郊外にあるリカーショップです。こちらのお店には、常時20種類ほどの日本酒が置いてあるといいます」(記者)

 高まる人気を受けて一般の販売店まで日本酒コーナーを設置し始めているのです。

 急速に広がる日本酒ブーム。オーストラリアが成長市場として期待されるもう1つの理由があります。

 「オーストラリア人は日本人に比べてビールは2倍ワインは10倍消費しますので、一人当たりのアルコール消費量が高いのも日本酒がまだこれから入ってくる見込みの要因の一つ」(ジェトロシドニー事務所 川崎美奈子さん)

 さらに先月、日本とオーストラリアはEPA=経済連携協定に調印。日本酒にかけられる関税はもともとゼロですが、今後はより幅広いタイプの日本酒が流通すると予想されています。

 「吟醸と大吟醸の違いとか、どういう場でどういう食べ物に合わせるかとか、基本的なところが分かれば、もっともっとオーストラリアのワイン好きな方が日本酒を飲むようになると思います」(日本酒専門輸入会社デジャヴ酒カンパニー 落合雪乃 代表)

 関係者は、地元のワインが占めてきたオーストラリアの食卓になんとか日本酒を仲間入りさせたいと意気込んでいます。(17日08:55)

(以上TBS Newsより)

豪州でも人気の「和牛」その真相は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日のテレビ番組を見ていたら、大変面白かったのでご紹介します。

番組は、テレビ東京の「ガイアの夜明け」。
サブタイトルが「"和牛(WAGYU)"... その知られざる真相」

オージービーフは少々固いが、とにかく安い。
多少いい肉は、アンガス牛、、と言った程度しか知らなかったのですが、今やこちらでも和牛は大変人気。Wagyu自体、すでに半ば英語として認知されています。

しかし、いつどうやって、オーストラリアに和牛がはいってきたかとか、
「和牛」自体の定義が、日本とオーストラリアではかなり違うとか、、、
そもそも、日本の何をもって和牛というのか(「国産牛」とどう違うのか)など、全く知りませんでした。

その辺りの疑問を、この番組がすべて教えてくれました。
いやあ、良い番組でした!

見れなかった方は、ここから見られると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、番組ホームページからの抜粋です、参考まで。

和牛


「放送概要」
香港などのアジア市場で、「WAGYU」(ワギュー)が大人気になっている。 しかし、その「WAGYU」は、よく見ると、オーストラリア産となっている。 一体、どうしてなのか?しかも、単なるニセモノなのかと思ったら、そうとは言えない意外な真実があった・・・。 なぜ、日本の宝ともいえる「和牛」が海外で生産されるようになってしまったのか? これまでに明らかにされてこなかった"和牛の真相"にガイア取材班が迫る! 一方、こうした事態に対し、日本政府は、「和牛」を、農産物輸出の目玉に位置づけ、 2020年には、輸出額を現在の5倍の250億円まで拡大したいとしている。 これまで、日本は、「宮崎牛」「佐賀牛」など、それぞれの産地が「産地ブランド」として、バラバラの売り込みをしていた。そこでEUという巨大市場への輸出が6月から解禁されるのとともに「オールジャパン体制」構築に向けて動き出した。その最前線を追う!


記事検索
お知らせ
ACTUSでは、このたび日豪間で活躍中の日系人の人名事典とでも言うべき、「Actus Who's who」をスタートいたしました。いろいろなジャンルで活躍中の日系人のご紹介です。ぜひご覧ください。 http://www.actusaustralia.com/actus-who-s-who/ また下記では、その方達の関連記事が紹介されています。 併せてどうぞ!
TWITTER
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ